審議会

きのう今日と、友だちに教えてもらって、市役所の審議会を傍聴してきましたー。いろんな審議会があるんだねぇ〜。ZOOMで開催してはるのを、別室でみるって感じでした😊

きのうは「個人情報保護審議会」。保健事業や介護の分野で、より柔軟で適切なサービスができるようにと、個人情報データを目的外に使用していいという例外措置を規定するために、市民が入った委員会が「ここの部分はしっかり書いておいてくれ、この表現は柔らかく、誤解されないように、、、」なんてね、話してるのを聞いてきた。高齢者の、高齢者の、というけれど、元になってるKDBシステムとかいうものによる構想は、高齢者に限定してない。健康情報が一元化されて知られて利用されるって、なんだかちょっと怖いなと感じた。徴兵制みたいやなと思ったり。

今日は、「生涯学習審議会」で、図書館のことと、コミュニティースクールのこと。学校と地域が連携して子どもを育ててく。GIGAスクール構想の文字も出てきて、いろんなことと繋がってるみたい。コーディネーターを中心に…て言うてたけど、それは行政なんかなぁ?もしかして、話は出てきてないけど、ゆくゆくの狙いとして民営化があって、そのときに今の学校みたいにはできなくなる役割を、地域に移行してるのかも…なんて勝手に思った。これは私の憶測ね。考えすぎかもしれん。委員の人たちが「教職員の負担を軽減するためのもの」というのを前面に置くのではなく、「子どもたちを育てる環境をより良くするためのもの」を軸にするべきと言ってた。それと「社会に適応する教育」から「社会をつくっていく教育」へということも言ってたね。
理念を書いた方がいいという話に、教育委員会の人が、いずれにしても全国どこも同じだけどと言ってた。宇治で進める際に、他の市町村やら全国やらでどんな理念を書いてるかは知らないし、同じであろうが、その理念に共感するところあって進めることにしたんと違うんやろか?ただ国の方針やからか??と思ってしまうような、冷たい答弁に感じたな。ま、これも私の主観。

審議会のメンバーに、市民の方々が入ってて、素朴なモヤモヤそのままな意見を出したり、なるほどな〜と思う切り口の質問とかあって、面白かった。

審議会には洛タイ新報の記者さんも来てて。今日の新聞には、きのうの審議会の様子が。上手にコンパクトにまとめはるな〜。あしたは今日の審議会が記事になるのかな〜。

審議会の傍聴は、資料をいただける。ほら、こんな風にタブシールまでしてくれてて感動した!!いただけるので書き込みながら聞ける。
だけど、どうしてだか、市議会の傍聴は、ファイルがふたつだけ用意されてて、何人もで回し読み。
やっぱり資料をもらいたいなぁ、その方がより内容を理解しながら聞けるよ♪よし、お願いしてみよう☆

両日、午前中は仕事、お昼から傍聴、夜はPTA。娘が見てくれっていう、マイクラ。見てると眠くて眠くて(笑)。すまぬ、娘(笑)。

タイトルとURLをコピーしました