水道料金、値上げ?

宇治市では、水道について赤字が膨らみ、見直しが必要とされているそうです。

<要因>
●水の需要が減っている。
 ・人口が減っている
 ・節水意識が進んだり、節水機器が普及
●水道施設が老朽化しているから更新費用が必要。
●地震にそなえ耐震化が急務、多額。

<改善策>
●使っていない資産を活用したり、売ったりする。
●民間活力の活用
●組織の簡素化・統合
●料金改定を検討

ここで、ちょっと待って~~と思うのは、せっかく節約のためエコのためと頑張って節水することが、値上げにつながってしまうの???という、なんて悲しい因果。なんとかならないのかなぁ、と思っちゃいます。それと、民間活力の・・・という辺りも気になる。もっかい後で触れますね☆

とにかく今のところ、コロナ禍なので慎重に…という話になっているようです。
とりあえず、良かった、(´▽`) ホッ。

この「初案」について、市民への内容公開と、2月21日まで意見募集されてます。
https://www.city.uji.kyoto.jp/soshiki/56/34822.html(リンク切れ)

まだジックリ見れてないけれど、効率的な健全経営として「民間委託」や「広域連携」が挙げられているのが気になります。本当にそれが効率的な健全経営・将来にわたって持続可能ってことになるの??民営化は、ざっくり言えば、「みんなのもの」を「誰かのもの」にしてしまうこと。非営利ではなりたたないだろうし、不透明な経営につながったりもしやすい。老朽した施設を改修するためのコストや、やるべき仕事は民間に委託したところで変わらないはず。それによりコスト削減されるとすれば、人件費が不当に削減されてしまったり、水質なども低下したりにつながるだろうし、成り立たなければ料金だって値上げすることになると思う。そして、民間に委託する際の条件もよく見ておかないと、維持管理の責任や災害時の対応、赤字の補填は自治体になっていたなら、それこそどこが健全で持続可能か分からなくなる。ちょっと、心配。
広域連携は、他市町村と一体化して、民間に委託しやすいカタチにすることじゃないかな?

いずれにしても、問題点についての対策は必要なのだと思いますが、
大切な命の源である
自治体が責任をもって担って欲しいです!!


リンク切れ
・宇治市水道事業ビジョン・経営戦略(初案)(第1章~第3章) [PDFファイル/13.64MB]
・宇治市水道事業ビジョン・経営戦略(初案)(第4章~第8章) [PDFファイル/11.48MB]
・宇治市水道事業ビジョン・経営戦略(初案)【概要版】 [PDFファイル/522KB]
・意見募集用紙 [PDFファイル/247KB]

タイトルとURLをコピーしました