ちょっと閉じちゃう代わりに、お願い♡

ううう。議会、これまであんまり傍聴とかしたことなかったし、時間作ってちょこちょこ見に行こうかなと思ってたんやけど「お控えを」となってしまった。コロナの緊急事態宣言を受けて。でもね、でもね、と思うことがあるのだよ~~~。

議会傍聴「お控えを」
宇治市議会 コロナ緊急事態宣言で
 宇治市議会は15日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言が発出されたことを受け、議会傍聴を「お控え願う」と申し合わせた。
 昨年春の記入事態宣言時は傍聴に寛容だったが、当時よりも感染が拡大しており、人との接触機会を減らすため、一段階ギアを上げた。議会の質疑など審査状況はユーチューブで生中継・録画配信しており、インターネット環境のある市民は、そちらで視聴することが可能。ネット環境のない人のため、議会棟内の別室に中継用のモニターを配置し、傍聴希望者には、まず別室を案内する。一方、洗顔審査の際、参考人招致を認めるか否かに関しては常任委員長の間で意見が分かれ、統一対応にはせず、各常任委員長で判断することを決定。当面、19日に文教福祉常任委での請願審査が予定されているが、堀明人委員長は「参考人招致を求める意見があったが、緊急事態宣言下であり、感染リスクを少しでも低減させるため、今回は見送る」と説明した。

特にね、この参考人招致を今回は見送る請願(意見や要望を議会に提出する)が出された時には、請願を提出した本人や団体が参考人として、その趣旨を委員会で説明することができる。参考人招致が必須ではない判断されたってことやね。。。常々より、参考人の意見を聞いた上で一考しようなんて姿勢がないようには感じていましたが。ひとりやふたり程度しかない参考人招致、飲食する訳でもなし。感染対策くらいできそうに思いますが。ちなみに、今回出された請願は、「教育格差をなくし、子どもたちにゆきとどいた教育を求める請願」ということで、コロナ禍の教育環境についてのものなので、前向きに耳を傾けて審議してほしい内容だと思うんやけどなぁ…

議員と職員は必須だけど、市民は必須ではない云々という言葉も、議員さんから出ていた様子。コロナ禍の緊急事態宣言下の対策。議会を傍聴するって行為は、まぁさして必須でもないやんって思うのも分かるんだよね。分からない訳ではないけれど、でも、この機に乗じて政治がさらに見えなくならないようにすることも、やっぱり必要で大切なことやと思うねん。

ネット中継される委員会は、すべてではないし、どうせなら、すべてを中継してほしい。別室モニターといわず、長岡京市みたいに市役所ロビーで流してくれたらいいなと思います。わざわざ希望して議会棟にいくことをしなくても、自然と議会の様子を見ちゃう、知っちゃう、いいんじゃない?

開かれた議会にしたいと思ってやってきたけれど、これはあくまでコロナ対策やねんと言ってた議員さん、それも大事やと思います。でも同時にやっぱり、ちょっと閉じちゃうと思うんです。これを機に、すべての委員会をネット中継・配信、そして市役所ロビーでテレビ傍聴できるように、できないでしょうか。参考人招致は、感染対策とりつつ実施の方向でお願いできないでしょうか。開かれた議会にするために、どうかよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました